マリオネットラインは、口角から下へのびる線のことです。
年齢と共に目立ち、40代から50代になるとメイクをしていても分かるくらいです。

マリオネットラインの原因は、頬のたるみ、口元から首にかけて広がる広頚筋のゆるみ、口角下制筋の硬化です。
簡単に言えば、加齢による使っていない筋肉が緩んでたるんだり、硬くなってしまったりしておこるわけです。

老けて見えるだけではなく、口角が下がっているように見えるマリオネットラインは、不機嫌な表情に見えることもあります。

これらは、筋肉を鍛えることでかなり解消されるのです。

なぜなら、筋肉はいくつになっても鍛えることで元に戻る性質があるからです。

いくつになってもです。
なので、もう歳だから・・・という言い訳は通用しません。
しっかり鍛えることでかなり老け顔は解消できます。

実際60歳でも若く見える人とそうでない人の差はかなり大きいのは、
きちんと手入れをしているかそうでないかで決まるわけです。

衰えた筋肉を鍛えるのは、二の腕は膝、お尻のたるみも同じです。

使っていない筋肉を鍛えることで、たるみは改善されるのです。