口コミ・効果・評判・激安・最安値情報

通販で購入した商品の口コミや効果、評判のよいおすすめ商品や最安値情報。生活に役立つ情報満載!

高脂血症

メバロチンとプラバスタチン

コレステロールや中性脂肪が高い高脂血症などで、病院に行くと、スタチン系と呼ばれる「メバロチン」などのコレステロール低下薬の処方箋が交付されます。

そのくらいメバロチンは脂質異常の治療薬としてポピュラーな薬です。

肝臓のコレステロール合成をHMG-CoA還元酵素阻害作用により阻害することで、血液中のコレステロールを低下させ、血清脂質を改善させます。
通常、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられます。

メバロチンの主成分をプラバスタチンナトリウムといいます。

また、メバロチンは第一三共株式会社の薬ですが、ジェネリック商品としての商品名にプラバスタチン
が使われています。

後発品がたくさん発売されているくらい、以前からある薬で、病院では比較的よく用いられる薬です。

コレステロール値や中性脂肪値を下げるのに、とても役立つ薬ではあります。

血中脂質を下げる方法

血中脂質とは血液中の脂質のことで、中性脂肪やLDLコレステロールのことです。

健康診断で脂質異常症(高脂血症)が指摘されたら、まず食事の改善です。
運動療法もいいのですが、仕事で疲れていて運動する気力がない中年以降の方も多いでしょうから、まずは食べ物から改善していきましょう。

食事は和食を中心に、塩分の摂りすぎに気を付けて、油はオレイン酸が多く含まれているものを使用し、1週間に揚げ物は多くても1回まで、肉類より魚介類や大豆製品のおかずをメインにし、キノコ類や野菜中心にしましょう。

アルコール、お菓子・ジュース類を多くとりすぎると中性脂肪が増えます。
夜寝る前は特にひかえましょう。

これだけ努力しても血中脂質があまり下がらないときは、お薬を併用してみましょう。
高脂血症のお薬は、以前からある比較的安心して服用できるメバロチンがあるので、試しに飲んでみることをおすすめします。
案外、楽に正常値に近づくかもしれません。

プラバスタチンナトリウムの副作用

プラバスタチンナトリウムは、第一三共発売のメバロチンのジェネリック商品です。
メバロチンは古くからある薬で、プラバスタチンナトリウム以外にも後発医薬品が数種類あります。

そのくらいコレステロール値を下げる薬としては一般的に知られている薬といえます。

そのため、比較的安心して飲むことができるわけですが、それでも副作用というものは稀にあります。

成人にはプラバスタチンナトリウムとして、1日10mgを1回または2回に分けて服用します。
つまり1日10mgでいいわけです。

主な副作用として、発疹、湿疹、蕁麻疹、かゆみ、紅斑、脱毛、光線過敏、下痢、胃不快感、筋肉痛、筋痙攣、筋脱力、貧血などがあります

また、重篤な肝障害又はその既往歴のある人やアルコール中毒の人、腎障害又はその既往歴のある人、甲状腺機能低下症の人などは服用するときに医師に相談しましょう。

基本的には病院で処方してもらう薬です。
コレステロール値を下げる目的で個人輸入通販での取り扱いもありますが、持病がある人は医師に相談して服用しましょう。

プラバスタチンnaの商品名

プラバスタチンnaは、プラバスタチンを主成分としたコレステロール値を下げるお薬です。
先発薬品として第一三共のメバロチンが有名です。
その後、ジェネリック商品としてたくさんの製薬会社から発売されているため、
商品名はいろいろあります。

メバロチン、メバトルテ、メバリリン、メバレクト、プラバスタチンNa塩、プラバスタチンNa、プラバスタチンナトリウム塩、プラバスタチンナトリウムです。

また海外製品としてプラバコール(Pravachol)があり、これもまたメバロチンのジェネリック商品になります。

どれも成分が同じなので、効果は同様に期待できるため、格安購入できる個人輸入通販利用している人もいます。
これを1日1錠飲むだけで、コレステロール値が下がってくるので、健康診断で数値が高めの人はぜひ服用してみるといいでしょう。

カテゴリー