口コミ・効果・評判・激安・最安値情報

通販で購入した商品の口コミや効果、評判のよいおすすめ商品や最安値情報。生活に役立つ情報満載!

中用量ピル

エストラーナテープで吐き気

エストラーナテープの有効成分は、生理活性の高い天然型の卵胞ホルモン(エストロゲン)のエストラジオールです。

副作用としては、貼った部分のかゆみやかぶれがあります。
その他には、慣れるまで吐き気や頭痛がある人もいます。

慣れるまでといっても、ずっと吐き気がなくならない人もいるようで、テープの場合、量を調整できないので、ちょっとやっかいです。
吐き気が特に強い場合は、吐き気止めを処方してもらうということも可能です。

その点、ジェルタイプであればかゆみやかぶれはなく、塗る量を加減することにより、吐き気などの不快症状も若干軽くすることができます。

エストラーナテープの効果

エストラーナテープの有効成分は、生理活性の高い天然型の卵胞ホルモン(エストロゲン)のエストラジオールです。

更年期障害や卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状(ほてり・発汗)、泌尿生殖器の萎縮症状や、閉経後の骨粗鬆症の治療、性腺機能低下症、性腺摘出または原発性卵巣不全による低エストロゲン症の改善が期待されます。
また、骨吸収を抑制して骨密度を改善します。

更年期障害治療のためのホルモン補充療法や不妊治療に使われますが、更年期障害治療では健康保険が適用になりますが、不妊治療の場合は自費扱いになります。

エストラーナテープの他には、飲み薬のピルや塗り薬のジェルがあり、飲み薬の方が一般的には効果があるようです。
しかし、肝機能障害などの副作用に関しては、貼り薬や塗り薬の方が安全なので、ピルではなく、こちらを選ぶ人もいるようです。
貼るタイプはどうしても貼っている部分が痒くなりがちで、長期使用だとかぶれたりするため、ジェルタイプがおススメになります。

ホルモン補充療法(HRT療法)はテープより塗り薬

ホルモン補充療法(HRT療法)はピル服用だとコレステロール改善効果が高いため、
一般的には中用量ピルで行います。

ただし、慣れるまで吐き気や頭痛がすることもあり、
中にはいつまでも気分不良が続く人もいます。

そういった人には、貼り薬としてテープタイプのエストラーナテープが有名です。

テープタイプだと肝障害のリスクがなくいいわけですが、
毎日貼りかえることで、かぶれや痒みがおこることもあります。

そういったこともあり、最近では塗り薬のジェルタイプの方を使う人も増えています。

こちらもテープ同様、肝障害のリスクがなく、
塗る量を調節することができるため、
薬が効きすぎれば薄く塗るなど自分で調節できるというメリットがあります。

ジェルにはジェネリック商品もあるため、
安く購入することも可能です。

ホルモン補充療法(HRT療法)と生理

ホルモン補充療法(HRT療法)を行う場合、周期的な投与方法だと黄体ホルモン服用後に生理と同じような出血がみられます。
閉経したのにまた生理のような出血がおこるので、最初はちょっと驚かくかもしれません。
しかし、「自分は生理のある若い体にもどったのだ」と割り切ってしまう方が良いでしょう。

また、連続的な投与方法では少量の不正出血がしばらく続くことがありますが、半年から1年でしだいになくなっていきますので、心配する事はありません。
妊娠については、ホルモン療法の飲み方によります。

ホルモン補充療法(HRT療法)はプレマリンを用いることが多く、カウフマン療法という不妊治療にも使われます。
同じ薬を使うことになるので、絶対に妊娠しないということはないかもしれません。

プレマリン単独服用であれば、妊娠の心配はないと思いますが、黄体ホルモンであるプロベラ錠を併用するのであれば、妊娠する可能性はあります。

なので、最初の飲み方は医師に教わった方法を守りましょう。

不妊治療の場合は健康保険適用外になりますが、更年期障害治療であれば健康保険適用になりますので、注意しましょう。

ホルモン補充療法で不正出血

更年期治療のために行われる「ホルモン補充療法(HRT)」ですが、たった1週間で7割の女性が症状改善されるという結果が出ているようです。

閉経近くなると女性ホルモンが減ってくるために、更年期障害というものが起こります。
その女性ホルモンを補うのがホルモン補充療法(HRT)なのですから、確かに症状が改善されるわけです。

ホルモンを補充するということはピルを服用することになります。
そのピルに慣れるまでしばらくの間、不正出血や乳房が張るなどの副作用があらわれる場合もあります。
しかし、徐々にカラダが慣れていくと1~2ヶ月ほどでそれらの不快症状は治まっていきます。

ただし、いつまでたっても不正出血が止まらない場合は、医師に相談する方がよいでしょう。

ピルの種類によっては合う合わないという相性もあります。
別のピルに変えてもらうことも可能です。

カテゴリー