口コミ・効果・評判・激安・最安値情報

通販で購入した商品の口コミや効果、評判のよいおすすめ商品や最安値情報。生活に役立つ情報満載!

目の疲れ・疲れ目・眼精疲労

目のゴロゴロや充血に

目のゴロゴロした感じ・・・異物感といいます。
文字通り、目の中にゴミやほこりなどの異物が入った時にこのような症状が起こります。

しかし、ゴミやほこりが入っていなくても、ゴロゴロした感じになります。
異物感の大半は角膜のキズが原因です。
その角膜のキズの原因は、ドライアイ、さかまつげ、結膜弛緩症、目薬の防腐剤の影響などさまざまです。

その他にも、結膜結石やものもらいができていることもあります。

たかが異物感と思って何もしていままでいたら、
かゆみ、充血、なみだ目などの症状が出てくることもあります。

症状が軽いうちに、目薬で改善していくことが大切です。
しかし、目薬も何でも良い訳ではなく、防腐剤を使用していない人工涙液でないと角結膜障害が発生する事があります。

ドラッグストアなどで売っている比較的安価な目薬のほとんどは、防腐剤が含まれています。

防腐剤が入っていないタイプのものは、それなりの値段がします。
しかし、大切な目の健康を考えると、目薬選びをおろそかにしてはいけません。

ドライアイ治療・目薬(市販品)

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなる病気で、目の表面に傷を伴うことがあります。

エアコン使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイ人は年々増えています。

気にしないでほおっておくと、目がゴロゴロして傷が入り、なかなか治らなくなってしまいます。
そのままにしておくと、最悪の場合失明・・・なんてことにも!?

目に傷が入ってしまうと、防腐剤使用の市販目薬はさらに症状を悪化させます。

病院に行くのがベストなわけですが、防腐剤不使用でヒアルロン酸配合の人工涙液タイプの目薬であれば、徐々に改善されていきます。

そんな目薬はどこにある?

海外製品ですが、通販で購入可能です。
私も使用していますが、かなり症状が改善されたので、結局病院には行かなくてすみました。

ルテインの過剰摂取が心配!上限は?

目の疲れや健康のためにルテインという成分がいいといわれています。
緑黄色野菜で賄えない分はサプリメントで補うといいともいわれていますが、
過剰摂取などは起こらないものでしょうか?

1日どのくらいまでならいいのか知っておきたいものです。

ルテインをサプリメントで摂取する場合1日分として最低でも10mgは必要といわれています。
アメリカでの様々な研究機関で用いられている基準量は、20~40mgです。

ただしルテインの原材料がマリーゴールド由来などの天然成分に限ります。
合成ルテインの場合は、副作用が起きたりするので多く摂取するのは危険です。

毎日継続して摂取するのであれば10mg以上で、個々の体質に合わせて上限は30mgくらいかもしれません。
より効果を感じるために1日20mgを継続している人は多いようです。

ルテイン・ゼアキサンチンはドライアイにも効果ある?

涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下することが原因で目の表面に傷や障害が生じる病気をドライアイと呼びます。

パソコンなどを使うオフィスワーカーにおいては3人に1人がドライアイだともいわれています。
また、年齢が上がると涙の分泌が減少することもあり、ドライアイの症状を訴える人がますます増えています。

乾燥した目は表面が傷つきやすい状態となるため、角膜や結膜の健康が損なわれるので、目薬の点眼が必要になります。
しかし、ただでさえ乾燥している目に防腐剤が含まれた点眼薬をさすと、乾いた後に防腐剤が残ってしまい、かえって症状が悪化してしまうことになります。
点眼薬は、防腐剤の有無にも注意しなければなりません。

ドライアイになる前に予防することも大切です。
ルテイン・ゼアキサンチンはブルーライトをブロックする成分としての研究結果が出ています。

疲れ目やドライアイにもそれなりに効果があるといわれています。

何もしないよりは、サプリメントでルテインやゼアキサンチンを補うこともドライアイ予防に役立つといえるでしょう。

ルテイン フリー体・マリーゴールド由来とは?

ルテインは「フリー体ルテイン」と「エステル体ルテイン」の2種類あります。

フリー体ルテインは、体内に存在するものと同じ形に精製されたルテインのことで、摂取した後、形を変えずにそのまま体内へ吸収されます。
純度の高いルテインは、顕微鏡で見ると結晶が見えることが特徴です。

エステル体は、フリー体に脂肪酸が結合されたものです。
精製を行う工程がないため、原料的にも安価ですが、人の体内に入ってもそのまま吸収されず、体の中の消化酵素の力を借りてエステル体ルテインからフリー体ルテインへ変化して体内へ吸収されていきます。

サプリメントでは、主にフリー体ルテインが利用され、そのほとんどは植物の「マリーゴールド」から抽出されています。
マリーゴールドはキク科の植物で、一年草で春から夏にかけて花が咲きます。

フリー体という文字がなくても、成分にマリーゴールド由来とあれば、フリー体ルテインと思ってよいでしょう。

カテゴリー