口コミ・効果・評判・激安・最安値情報

通販で購入した商品の口コミや効果、評判のよいおすすめ商品や最安値情報。生活に役立つ情報満載!

目の疲れ・疲れ目・眼精疲労

ルテインサプリの口コミ

サプリメントの効果って、
はっきりと劇的に表れるというのは、
なかなか難しいと思います。

実際、飲んだ人の口コミも
正直、効果があるのかないのかよくわからないけど、
飲まないよりはましかもしれない・・・
という声が多いかもしれません。

しかし、ルテインの1日の摂取量が20mg以上で、
ゼアキサンチンが5mg以上のサプリメントになると、
目の疲れに効果があった。。。という口コミも多くなります。

ルテインだけではなく、
アスタキサンチンやゼアキサンチンが一緒に配合されていて、
それなりの量を1日に飲み続けていくと、
眼精疲労や老眼予防になるのかもしれませんね。

ルテインサプリは無添加・天然がおすすめ

無添加のルテインって、一体どんなサプリメントのことでしょうか?

一般的に無添加というのは、健康によくない防腐剤・着色料などを食品に加えていないことですが、何が無添加であるというような規定はなく、日本で食品添加物とされているものを含んでいないものが、無添加と呼ばれているようです。

保存料・合成着色料無添加と呼ばれる食品でも、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、トレハロース、カラメル色素などが含まれています。

アメリカやヨーロッパの先進国での添加物の定義と日本の定義は異なっていて、日本はまだまだ遅れているといえます。

本当の意味での無添加食品は、日本ではまだ、それほど多くはないと思います。

サプリメントも同様ですね。
なので、無添加サプリというよりも、マリーゴールドから抽出された天然素材のルテインを選ぶようにするのがおススメです。

老眼対策にルテインとゼアキサンチン

物を視覚認識する際に、重要な役割を果たすのが目の網膜の中央にある黄斑です。
黄斑の色素を形成するのは、カロテノイドのルテインとゼアキサンチンです。
この2つのカロテノイドは、植物に多く含まれ、光によるダメージから植物を守ります。

ルテインとゼアキサンチンがなけれ目は極端に防御力の弱い状態になり、
眼精疲労や視力低下だけでなく、白内障や黄斑変性症という失明の恐れのある眼病を引き起こしてしまうのです。

目の酷使を余儀なくされる現代において、ルテインとゼアキサンチンは必要不可欠と言って良い栄養素です。

ルテインとゼアキサンチンは、やはりサプリメントに頼って摂取するのが効率的です。

ルテインはフリー体ルテインとそうでないものがあります。
フリー体エステルの形にするには精製のコストがかかりますから、製品も比較的高額になりますが、表記通りの含有量を摂取したければ、しっかり精製されたものを選ぶ必要があるのです。

ルテインサプリの含有量と必要な目安量

カロチノイドの1種であるルテインは、
体内に吸収されるとそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されます。

目に蓄積されたルテインは、
活性酸素の発生原因となる紫外線や可視光線のうち青白色の部分を吸収して、眼球内の組織を保護します。
さらに、強い抗酸化力を発揮して、水晶体や網膜の酸化を抑えます。

ルテインは、緑黄色野菜に多く含まれていて、
特に多いのがホウレン草で、
よく食べる習慣のある人ほど白内障などの病気にかかる割合が低いことが報告されています。
ホウレン草100g中に含まれるルテインの量は10.2mgです。

もし、毎日ホウレン草100gを食べることが難しいのでしたら、
ルテインサプリで補うといいでしょう。

必要な目安料は、
その人の食生活にもよりますが、
1日のルテインは最低でも6mg~10mgは必要になります。

ルテインとゼアキサンチンとビルベリー、どれが目にいいか?

ブルーベリーやビルベリー、カシスに含まれるフラボノイドの一種であるアントシアニンには、
目の網膜にある血管や神経の細胞を保護する作用があります。

またアントシアニンは、ロドプシンの再合成を助ける効能があります。
ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素で、
ロドプシンに光が当たる事によって生じる信号が脳に送られて、「目が見える」と認識されます。
ロドプシンは光にあたる事により、ビタミンAに分解され、
もう一度ロドプシンに再合成されます。
長時間目を酷使し続けると、再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。

ブルーベリーなどに多く含まれる色素のアントシアニンには、
ロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるとされています。

一方、ルテインとゼアキサンチンは、
もともと目に含まれるカロテノイドの成分です。

これらは加齢などによる理由から、年々減少していきます。

ルテインとゼアキサンチンは、ブルーライトから目を守ってくれたり、
黄斑色素量を維持する働きがある成分です。

このように、3つともすべて必要な成分であるといえます。

カテゴリー