口コミ・効果・評判・激安・最安値情報

通販で購入した商品の口コミや効果、評判のよいおすすめ商品や最安値情報。生活に役立つ情報満載!

育毛剤・抜け毛シャンプー

パントガールの値段・ルグゼバイブやプリオリンの最安値

パントガールはドイツMerts社によって開発され、2009年には世界初の女性用育毛薄毛治療薬としてヨーロッパで承認されました。
ドイツの毛髪治療で使用され、びまん性脱毛に効果が実証されている治療薬です。
特別な組み合わせのアミノ酸、たんぱく質、ビタミンB群などの成分を含み、健康な毛髪成長を刺激し 髪質改善に働きかけます。

病院で処方されるパントガールですが、一般的な薄毛治療に使う場合は健康保険適用外になり自費扱いになります。
某美容クリニックでは、
1個で12,000円(税別)
3個だと29,800円(税別)。

1個が約1ヶ月分なので、結構高いですよね。

なので、個人輸入代行サイトから買う方が安いわけです。
ルグゼバイブはAmazonや他のサイトでも買うことができます。
値段も個人輸入サイトとほぼ同額くらいですね。

プリオリンは今のところ海外通販でしか買えません。

個人輸入サイトは一度利用してしまうと会員登録されるので、次回別の商品を買うときも便利です。
同じ商品なのですから、できるだけ安く買うのがいいかと思います。

パントガールは円形脱毛症や薄毛治療薬

薄毛治療薬として皮膚科などの病院で処方されているパントガール。
世界で唯一、女性の薄毛の改善効果が認められるパントガールは、女性のための飲む育毛剤です。

病院で処方されるパントガールですが、一般的な薄毛治療に使う場合は健康保険適用外になり、自費扱いになります。

しかし、自然に起こった薄毛の症状ではなく病気が元となって薄毛になったと判断される場合や、円形脱毛症などのように、もともと内科的な自己免疫性疾患が原因で薄毛になっていると判断された場合には保険が適用されます。

パントガールが処方される主な病状としては、女性特有の薄毛の症状であるびまん性脱毛症が挙げられますが、びまん性脱毛症は多くの場合加齢による女性ホルモンの減少であったり血行不良であったりと、他の病気が原因で起こる薄毛の症状ではありません。

この場合は、病院で処方してもらうより、海外通販サイト経由で購入する方が、少しでもお得になります。

パントガールでむくみ?ルグゼバイブの副作用

女性の飲む育毛剤として皮膚科などの病院で処方されているパントガール。
女性用の薄毛治療薬として、世界で初めて効果と安全性が認められたお薬です。
特に大きな副作用はないといわれていますし、肌のかゆみやかぶれ、肌荒れなどのお肌の症状やむくみなどアレルギー反応、体毛が濃くなる、体重増加など、これらの軽度の報告も見当たりません。

軽度の頭痛などが起きることもあるかもしれません。
でも、むくみが起きる可能性はほぼないでしょう。

ルグゼバイブは、パントガールの成分にプラセンタなどの美容成分がプラスされた商品です。

ルグゼバイブも成分に対するアレルギーがない人であれば、それほど重篤な副作用は報告されていません。
報告されていませんが、中には合わない人もいるようです。

パントガールは問題なく服用していて、ルグゼバイブに変えてみたら、なんだか合わなくて抜け毛が増えたので、パントガールに戻す人もいるようです。
しかし、ほとんどの人はルグゼバイブの方がよかったという感想で、生理不順なども治ったり、生理痛が楽になったりというレビューが多いようですね。

どちらがいいかは、体質にもよりますので、実際に服用してみないことにはわかりませんね。

パントガールやルグゼバイブは妊娠中・授乳中の服用はNG

女性の飲む育毛剤として皮膚科などの病院で処方されているパントガール。
ルグゼバイブは、パントガールの成分にプラセンタなどの美容成分がプラスされた商品で、
抜け毛対策にはパントガール同様、効果が期待できるサプリメントです。

成分に対するアレルギーがない人であれば、それほど重篤な副作用は報告されていないので、
育毛剤のミノキシジルなどに比べると比較的安心して飲めるお薬といえます。

しかし、そうはいっても妊娠中には服用を避けるべきであり、
授乳中の服用は特に駄目だとは記載されていないのですけど、
やはり服用するなら授乳が終わった後の方が無難といえます。

バイエル(Bayer)社から発売されている「プリオリン」というサプリメントであれば、
妊娠中の服用も認められています。

できれば妊娠中には抜け毛対策は、お休みして、
授乳が済んだ後から始めても遅くないと思います。


パントガールにはジェネリック商品はない

女性の飲む育毛剤として皮膚科などの病院で処方されているパントガール。
保険適用外のため、1ヶ月分が10000円以上もします。

できるだけ安く買いたいのが心情ですよね。

なので、ジェネリック商品がないか探したくなりますが、
残念ですが、ジェネリック商品は現段階では存在しません。

ただ、パントガールと似たような成分でつくられた女性用育毛剤は存在します。
しかし、それらは海外通販でしか購入できないので、
パントガールを海外から買う方がいいでしょう。

通販サイトを利用すれば、病院に行く場合とは違って診察費がかからず、費用を節約できます。
スマホやPCがあれば自宅でも購入手続きができるため、わざわざ病院に行く手間もありません。

海外通販のデメリットは、偽物商品です。

信頼のおける海外通販サイトを利用すれば、
そんな心配もありません。

カテゴリー